「未分類」カテゴリーアーカイブ

アートメイクの施術

Pocket

肌の浅い部分に色を注入するアートメイクは、やはりニードルを使って皮膚に刺すので、まったく痛みがないということはありません。やはりチクっとするような痛みはあり、麻酔なしで施術を行うこともあります。しかし痛みがあるのが嫌な方であれば、麻酔クリームを塗ってから施術を行えるので、事前に医師に相談しておくと良いでしょう。または局部麻酔を行うこともできるので、どのような麻酔があるか聞いてみましょう。

相談一度施術を行うと、2年から3年は色が持続します。しかし新陳代謝で自然と色が薄くなっていく中で、綺麗に色を保ちたいならば、半年や1年に1回はメンテナンスを受けます。最初の施術にしても、メンテナンスの時の施術にしても、1日で施術は終わります。

安全性の高い施術方法ですが、リスクはゼロではありません。皮膚に傷を付けるので、赤く腫れるような方もおり、肌に異常があれば、すぐに施術を受けた美容皮膚科に相談しましょう。アートメイクの料金が安いからといって医師免許のないサロン店員などが行っているアートメイクの施術はなるべく避けた方が良いです。トラブル防止のためにも、美容皮膚科などの医師のいるクリニックでアートメイクを行うようにしましょう。

そしてリスクを避けるならば、施術を受ける前には、十分にカウンセリングを受けて、医師の方とじっくりと話して、わからないことや不安な事は、解消しておくことです。カウンセリングでは、どのように施術を行うかなどの説明もあります。

アートメイクのメリット

Pocket

アイラインアートメイクを行う場所というと、眉毛や唇、アイラインが人気です。眉毛であれば、綺麗に生えそろっていないような方なら、薄い場所に色を付けると、自然な感じでバランスの良い眉毛になります。化粧して同じ眉をかくのが難しいという方にも、アートメイクで整えることもできます。

唇の色が悪いならば、アートメイクで色を付けて健康的な色に見せることができます。唇なら、全体のイメージを改善し、引き締まったような印象にすることもできます。アイラインも化粧をするよりも、アートメイクで下地を付ければ、軽く化粧するだけで、ラインをはっきりさせられます。

アートメイクによって、化粧の時間を短縮することも可能です。下地を作るので、その上から化粧を行うだけで、綺麗に仕上がり、時間もかかりません。特に汗を沢山かくような方であれば、汗をかくたびに、化粧を直すのは大変です。そのような方なら、アートメイクを行えば、ナチュラルに見せられて、化粧もそれほど必要なく、直すにしても手間もかかりません。一度アートメイクを行えば長い期間持続するので、化粧のように毎日仕上げを心配する必要もないです。アートメイクなら、水はもちろん、手で触っても色が落ちません。

つづいてアートメイクの施術について説明していきます。

美容皮膚科でのアートメイク

Pocket

美容皮膚科で行っているアートメイクは、皮膚の表面に色素を注入するメイクであり、入れ墨に似ています。皮膚の下に色素を入れるので、汗を流しても洗顔しても色は落ちず、一度施術を受けると、およそ2年から3年ぐらいは色が維持できます。化粧の下地として行うこともでき、これによって化粧の時間を短くすることも可能です。施術を行う場所としては、アイラインや唇が主であり、顔のパーツに施すことが多いです。

アートメイク特に化粧では眉毛のラインは、毎日一定にするのは難しく悩んでいる人もいるでしょう。そのような方ならば、アートメイクでラインを作れば、化粧の下地ができて、毎日ほぼ同じラインにできます。多くの方がこのような化粧の下地として、アートメイクを施すことが多く、そのためにナチュラルに見えるように仕上げてもらいます。しかも化粧をしなくても、アートメイクで顔を整えるので、美しく見せることができます。水に濡れても落ちないので、お風呂やプールでも、顔を美しく見せられます。

入れ墨と違い一生残るものでもなく、一度だけアートメイクを施すなら、時間とともに色は消えていきます。薄くなった色を綺麗に維持したいならば、半年や1年に1回、メンテナンスで再度アートメイクを施せば良いです。医療機関で行うメイクなので、安全性も高く、使う色素も体に入れても大丈夫な自然素材を使うので、リスクが少なく、化粧の下地を作れます。痛みもそれほどなく、施術は1日で終わります。