美容皮膚科でのアートメイク

Pocket

美容皮膚科で行っているアートメイクは、皮膚の表面に色素を注入するメイクであり、入れ墨に似ています。皮膚の下に色素を入れるので、汗を流しても洗顔しても色は落ちず、一度施術を受けると、およそ2年から3年ぐらいは色が維持できます。化粧の下地として行うこともでき、これによって化粧の時間を短くすることも可能です。施術を行う場所としては、アイラインや唇が主であり、顔のパーツに施すことが多いです。

アートメイク特に化粧では眉毛のラインは、毎日一定にするのは難しく悩んでいる人もいるでしょう。そのような方ならば、アートメイクでラインを作れば、化粧の下地ができて、毎日ほぼ同じラインにできます。多くの方がこのような化粧の下地として、アートメイクを施すことが多く、そのためにナチュラルに見えるように仕上げてもらいます。しかも化粧をしなくても、アートメイクで顔を整えるので、美しく見せることができます。水に濡れても落ちないので、お風呂やプールでも、顔を美しく見せられます。

入れ墨と違い一生残るものでもなく、一度だけアートメイクを施すなら、時間とともに色は消えていきます。薄くなった色を綺麗に維持したいならば、半年や1年に1回、メンテナンスで再度アートメイクを施せば良いです。医療機関で行うメイクなので、安全性も高く、使う色素も体に入れても大丈夫な自然素材を使うので、リスクが少なく、化粧の下地を作れます。痛みもそれほどなく、施術は1日で終わります。